猫山大学

NEKOYAMA UNIV.

Why Heian period women shaved or pluck their eyebrows? Hikimayu 平安貴族はなぜ額に眉を描いたか

へいそこのガール、そのおでこのまゆメイク、一体どうしてなんだい? と、思ったワタシ。またしても不思議JAPAN発見。

能面 増女

「それは、本物の眉は感情を表に出してしまうから。額に描いた眉なら、感情につれて動くようなことがありません」

眉をひそめる、眉を吊り上げる、眉を曇らせる、愁眉(しゅうび)を開く、など能面感情を示す表現はたくさんある。

 額には表情筋がない。だから、額に墨で描いて移してしまえば、眉から表情を読み取られることはなくなる。

日本では、古くから教養のある人たちの間では感情をありのままにさらけ出すのははしたないこと、と考えられてきた。

それを抑制し、隠すことにこそ美がある。それが日本人の伝統的な美意識である。

いわば”顔隠し”の文化が日本にはある。眉の化粧もその一つではないだろうか

平安貴族はなぜ額に眉を描いたか?

なるほど、これは興味深い。しかし、おしろいを美しくぬりやすくするため、大きな髪とバランスを取るため という考察が、英語の文献の間では一般的なようです。「眉によって個人の感情を表さないようにするため」という趣旨の記述はあまり見られません。  

The practice of Hikimayu, or plucking or shaving the eyebrows and repainting them higher on the forehead, first appeared in the eighth century in Japan.  One reason the practice began was the white powered Japanese women painted their faces with, oshiroi.  Removing the eyebrows made it much easier for oshiroi to be applied to the face.  Originally eyebrows were painted in arc shapes, close to the natural shape, but during the Heian period women began to wear elaborate costumes, thicker makeup, and higher eyebrows. These eyebrows were painted as ovals or smudges. This may have been to balance out the forehead with the enormous amounts of hair women wore in this period.  Towards the end of the Heian period men even began to practice Hikimayu.  Eventually, this element of Japanese beauty lost fashion when Japan came into greater contact with Western culture, in the 19th century, and was banned by the government in 1870.

https://sites.google.com/site/7th12thcenturyasianfashion/japan/hikimayu 

単語

elaborate/ involving many carefully arranged parts or details; detailed and complicated in design and planning. 手の込んだ 

redress the balance / restore equality in a situation. 不均衡を正す

WHY、一体なぜ!? 国文学の先生方、教えてください〜!

[お知らせ]  LINEスタンプたくさん描いてるよ!見て行ってね!

store.line.me

https://store.line.me/stickershop/product/1414042/ja

 [スポンサードリンク]